口臭の原因は歯周病だった!?治療法や予防法を紹介
ロゴ

日本人の八割が歯周病!自分は大丈夫か歯医者で見てもらおう

口臭の原因は歯周病だった!?治療法や予防法を紹介

歯型

歯周病の強い口臭

歯周病は、口臭の中でも強い臭いを放ちます。歯周病を治療することで、口臭を改善することが出来ます。歯周病は臭いだけではなく、体でさまざまな悪影響を与えているので、早めに改善しなければいけません。歯周病菌に有効な歯磨き粉などが売られていますが、一番早く治すにはやはり大阪にもある歯医者に通うことです。

歯周病治療

歯医者で行う歯周病治療には、さまざまな工程があります。まず初めに受けるのは、歯磨きの指導です。歯磨きは歯を健康に保つために最も大事な行為といっても過言ではありません。また自己流の磨き方を続けていると、いつまでたっても歯周病が改善されません。もし治ったとしてもすぐに再発してしまいます。歯科衛生士から、自分の歯磨きの癖や磨き残しについて指導してもらい、正しい歯磨きの仕方を教えてもらいましょう。

歯周ポケットの掃除

歯周ポケットは、深くなると歯周病菌がとても溜まりやすくなるので、改善が必要となります。歯周病菌が溜まることにより、膿が出てしまい、それが口臭の原因になっています。歯周ポケットが深いと、自分のブラッシングだけでは中の掃除が不可能です。なので、歯周ポケットをなくす治療を行います。そうすることにより歯周病菌が溜まることを防げます。

治療しても治らない場合

歯周病が進行してしまった歯は、根っこの先まで溶けてしまっています。そこまで進行している歯を再生することはできないので、抜歯するしかありません。抜歯しないと歯周ポケットに膿が溜まり続けて、臭いを発し続けます。腐っている歯を抜いて溜まった膿を取り除くことにより口臭を防ぐことが出来ます。

普段の歯磨きが大事

歯周病の一番の予防策と改善策は、日常のブラッシングです。適切なブラッシングが出来ていればそもそも歯周病にならないはずです。口臭が気になる方は、まずブラッシングの指導だけでも受けてみてはいかがでしょうか。

日本人は歯周病が多い

先進国の中でも口内環境が悪いとされている日本では、30歳以上の8割が歯周病という統計が取れています。自分は大丈夫と思っていても知らない間に歯周病が進行していて、気づいたら臭いを発しているなんてことにならないよう気を付けましょう。虫歯がなくても定期的に歯医者に通って口内環境を見てもらうことをおすすめします。歯周病の早期発見が可能になります。

広告募集中