インプラント治療のメリットや差し歯との違い
ロゴ

歯がなくても治療可能なインプラントとは?

インプラント治療のメリットや差し歯との違い

インプラントと歯科医

インプラントと差し歯の違い

差し歯をする場合は、歯の根元となる部分が残っていないといけません。ですが、インプラントの場合は、歯の根元がない場合でも使用することが出来ます。虫歯などが進行してしまい、根本の部分まで浸食された歯は、抜かないといけません。なので差し歯の土台として使えません。インプラントはたとえ土台がなかったとしてもあごの骨に直接埋め込むので問題ありません。

インプラントの治療法

歯がない状態の場所に、インプラント(チタンで出来たねじに似た形のもの)を歯の根っこ代わりに使用します。そしてインプラントを埋め込んでいく治療を行います。インプラントだけではただ土台が出来ただけなので、その上に人工の歯をはめ込みます。すべての工程を自費で行うので、自己負担が多い治療方法になります。

インプラントのメリット

他の歯に負担をかける心配がいりません。ブリッジなどの場合は、周りの歯に負担をかけてしまいますが、インプラントは必要な場所のみに行います。また見た目が天然の歯に近いということと、使い心地が快適というメリットがあげられます。ブリッジや入れ歯治療だと、保険が適用されるので、金銭的な負担は軽くなりますが、他の歯への負担が大きくなります。

あわせて治療出来る

インプラントやブリッジ、入れ歯などの治療方法はそれぞれ全く違う治療方法です。ですが、それぞれの長所を活かして治療を行うことが可能です。比較的健康な部分はブリッジでダメージが大きい部分はインプラントでという風に使い分けることができます。歯を失った場合は、まず普段利用している歯医者にすぐ行きましょう。インプラントに対応している歯医者でないと治療が出来ませんが、金沢にはインプラント治療を行っているクリニックがあります。

歯の状態に合わせた治療法を選ぶ

必ずしもインプラント治療が最もいい治療法であることはありません。人それぞれ口内環境が違うので、自身にあった治療を行いましょう。

広告募集中