歯周ポケットが出来る原因と歯科で行われる治療方法を知ろう
ロゴ

セルフで歯周病治療は可能なのか?歯科治療との比較を見てみよう

歯周ポケットが出来る原因と歯科で行われる治療方法を知ろう

口

歯周ポケットってなに?

歯周病の始まりである歯周ポケットは、歯と歯茎の間に出来る空間のことです。健康な歯の場合は、歯の周りに隙間が出来ません。歯と歯茎がぴったりとくっついている状態になります。この隙間がどんな影響を与えるかというと、細菌の繁殖を促してしまうのです。そして歯茎に侵入して赤く腫れあがってしまいます。放っておくと歯周ポケットはどんどん広がっていきます。

歯周ポケットが与える影響

歯周ポケットが口内に与える影響を順番に解説していきます。まず細菌が溜まります。歯周ポケットは袋の形をしているので、ブラッシングでは細菌を取り除くことが出来ません。そしていつしか細菌の住みかとなってしまいます。そうなると歯茎が腫れてきます。体の中にある免疫力と細菌が戦っていることにより起こります。

骨が溶けていく

歯周ポケットに細菌が溜まっていくと、骨が細菌を避けようとして自然と溶けていってしまいます。そうなると歯茎がさがってしまい、骨が溶けすぎると歯を支えることが出来なくなり抜けていくでしょう。溶けていくほど細菌が溜まっている状態だと、口臭が発生します。腐敗臭のような臭いなら歯周病である可能性が高いです。また、知覚過敏という冷たいものや熱いものがしみるようになっていきます。

歯医者で行われる歯周ポケットの治療方法

  • 歯茎の引き締め
  • 歯周ポケットの掃除
  • 歯石の除去
  • 抜歯

歯周病治療を歯科とセルフで比較

セルフ

セルフで歯周病治療を行うのはとてもむずかしいです。殺菌作用のある歯磨き粉を使用して、細菌を減らすことが出来ます。ですが、歯周ポケットに溜まった細菌を減らすことは難しいでしょう。

歯科

練馬区の歯科では、歯周ポケットに溜まった細菌を取り除くために洗浄を行います。歯石をとることにより歯周ポケットの進行を防ぐことが出来ます。すでに膿が溜まっている場合は取り除いて口臭の予防を行います。

広告募集中